サンシャイン60階通りの「シネマサンシャイン」が34年の歴史を幕を閉じて7月12日に閉館した。その生まれ変わりの映画館「グランドシネマサンシャイン1」がとなりのサンシャイン通りの「Qプラザ」に7月19日オープンする。
シネマサンシャインは6スクリーンで1357席だったが、「グランドシネマサンシャイン」12スクリーン2,443席と1,000席ほど増やしている。12スクリーンの内訳は、「79席」のスクリーンが2、「81席」は1スクリーン、そして103席からの100席台は5スクリーン、381席が1スクリーン、最大の542席のIMAX 12chが1スクリーンとなっている。
さらに来年2020年秋には豊島区役所跡に建設中の「Hareza(ハレザ)池袋」 内のオフィス棟2~6階にが10スクリーン約1700席の「東宝シネマズ」をオープンすることになっている。すでに池袋東口には「新文芸坐」の1スクリー、「池袋HUMAXシネマズ4」の6スクリーン、西口には「シネマロサ」の2スクリー、「シネリーブル池袋」の2スクリーン、そして成人映画の「シネロマン」がある。来年(2020)には 東口は29、西口は5で総計34スクリーンとなる。
■グランドシネマサンシャイン http://www.cinemasunshine.co.jp/gdcs/
■キュープラザ池袋 https://www.q-plaza.jp/ikebukuro/
■東宝シネマズ https://www.tohotheater.jp/news/_ikebukuro2020.html
■池袋映画館 http://w3.ikebukuro-net.jp/eiga2016

Qプラザ池袋